BVLGARI(ブルガリ)のオーバーホールとベルト修理交換

クリエイティブでエモーショナルなイタリアのデザイン性に、最高水準を誇るスイスの技術を融合して作られるBVLGARI(ブルガリ)の腕時計。デザインから開発、製造までの全工程を自社内で行うという「ウォッチメーカー宣言」を行い、そのバリエーションも一気に広がりました。

コレクションとしては、創業者の名前を冠したSOTIRO BULGARI(ソティリオ・ブルガリ)や洗練されたデザインが魅力的なGERALD GENTA(ジェラルド・ジェンタ)、ハイコンプリケーションモデルのDANIEL ROTH(ダニエル・ロート)、原点とも言えるBVLGARI BVLGARI(ブルガリ・ブルガリ)、ラグジュアリーなスポーツウォッチDIAGONO(ディアゴノ)など、あらゆるシーン・用途に合わせてチョイスできるラインナップになっています。

オーバーホール


そんなBVLGARI(ブルガリ)の時計を愛用しているなら、欠かせないのがオーバーホールです。そんなBVLGARI(ブルガリ)の時計を愛用しているなら、欠かせないのがオーバーホールです。定期的にメンテナンスを行えば、それこそ一生使い続けられるほどの時計になります。その定期的なメンテナンスが、オーバーホールです。

小さな筐体の中には、100以上のパーツが精密に組み合わされていて、それぞれが動きます。当然、部品同士の摩擦などにより、パーツやオイルの消耗や劣化が発生します。これを放置しておくと、時間がずれやすくなったり、部品の破損といった故障の原因となるわけです。故障してしまうと、部品の交換・修理が必要になってくるので、余分な費用が発生してしまいます。これを防ぐためにも、オーバーホールはとても重要です。

ベルト修理交換


機械内部以外で破損しやすいのがベルト(バンド)です。身につけるときに常に力がかかっていますし、ふとしたときに何かにぶつけてしまうこともあります。こういった破損でも、修理することができる可能性があります。ただし、破損の状況が酷い場合は、ベルト交換ということになってしまいます。純正のベルトへの交換は、BVLGARI(ブルガリ)の正規店に修理に出す必要があり、費用も高額になる場合がほとんど。

オーバーホールの場合も、正規店に出すと、4万円~6万円の基本料金に交換する部品代が加算され、7万~10万円程度の費用がかかります。しかも、納期は1.5ヶ月以上と長期間になります。一方で、時計職人がいるお店でオーバーホールやベルトの修理交換を依頼すれば、金額としては半額以下になる事もよくあります。修理のために預けている期間も正規店よりずっと短くなります。

では、技術力があり、信頼できる時計職人がいるお店はどこなのか。友人に紹介してもらったこちらのお店は、しっかりとした時計職人がオーバーホールやベルト修理交換を行ってくれます。作業前に無料で見積もりをしてくれるので安心です。

時計修理・オーバーホールならこちら